Bellbell's Rock&Mobile

思い出したかのようにRockとガジェットの話題を書いていくつもりです(^_^)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無我…?

TwitterやFacebookなどが存在して個人が考えをある程度自己発信できる状況において、新聞など紙媒体への投稿とは何を意として行っているのか…?私の実家近辺で発行されているタウン誌は「神新聞」と評される事が多いが、その対象は編集後記のやや右寄りな発言に起因している。さてそのタウン誌の投稿、たいていは自分の体験談や主義主張が多いのだが、先日の投稿「無我にて候」は全く意味不明であった。

修飾に修飾を重ねて文字数を水増しした文章は投稿者の純文学への憧れを示唆させるが、何を言いたいのか全く伝わらない。「ヤマキさん」という人が居ました。だけ。文中に数回出てくる"隣人との談話"というフレーズから相手が透けて見えない事から、投稿者の想像の産物である事が伺える。そして題名「無我にて候」無我とは?私の個人的な感想だと、山の中とか社会とある程度分断された中で無我となるのは影響はないが、社会の中で自分勝手に無我とか言われても相手からは"我"が見えているので、これほど迷惑な事は無い。題名からも厨二病なのか?がと思ってしまう。この投稿者は部屋の掃除をした方が良いかもしれない。そして自腹で団扇を買うように。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。