Bellbell's Rock&Mobile

思い出したかのようにRockとガジェットの話題を書いていくつもりです(^_^)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄土とは、いったい哲学なのか、宗教なのか?

表題の言葉は、オランダのイコモス委員ロバート・デ・ヨング氏によるものです。某地域は、世界遺産登録を目指して活動をしていますが、ベルベルには世界遺産に登録された後のビジョンが見えないのです。目的は観光客誘致だけ?と思ってしまいます。今回は世界遺産の中の文化遺産というカテゴリーの中の文化的景観という項目での申請のようですが、そんなの何処に有るのでしょうか?浄土思想を明確に感じる事が出来る景観って凄い抽象的だと思いませんか?しかも、世界遺産の登録後は、景観や環境の保全が義務付けられ、登録後、保全状況を6年ごとに報告し、世界遺産委員会での再審査を受ける必要があるらしいのですが…そんなよくわからないものに保全も何もあったもんじゃ有りません。県民としては、世界遺産登録は嬉しいですが「何か違うぞ?」と思ってしまいます。と同時に、色んな所に貼られたポスターを見る度に言いようの無いズレを感じます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。