Bellbell's Rock&Mobile

思い出したかのようにRockとガジェットの話題を書いていくつもりです(^_^)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SV470SOLの現在

なかなか忙しくてブログを更新できないでいました。TwitterやFacebookをやる前は、ほぼ毎日更新していたんですが…(^_^;)

以前、親戚より返却されたIbanez SV470SOLです。バラして積もりに積もった汚れを落として、エスカッションをメタルからプラに変更しました。固着したトーンも直しました。今のところガリは無し。

エスカッション、剥げて金色じゃなくなったのより黒いプラ製の方が、なんかシブいです。音も少しマイルドになった気がします。

このギターのポイントはボディの薄さ(軽さ)ですね!弾いていて肩がこる事は皆無です。弾くだけならストレスになりません。IbanezのRGシリーズみたいな極薄ネックより標準的な厚みなのも良いです。薄いボディを補うべくマホガニーを使用していますが、やはり生音はペニャペニャです(>_<)22フレットなので物足りない気はしますが、ヘッドがストレートなので、床に直置き出来たりするので、意外と使い勝手は良いです。

激安ストラトを格好良く3

うんちくはマニアの方にお願いしますが、'57のピックガードは1プライで8穴です。後期のラージヘッドなんかは白-黒-白 または黒-白-黒の3プライで11穴になってしまいます。当初付いていたのは1プライ11穴(笑)…まあそんなもんです。あまり忠実にやりすぎると訴えられますからね。
ピックガードとスプリング
Aged whiteと呼ばれるちょっと経年劣化した感じの色を選びました。下の真っ白のピックガードに比べるとちょっと色の違いが分かるかも…同時にスプリングも割と評判の良い「Raw vintage」に交換。
とりあえずストらと全景
モチベーションをあげるためにまたまた仮組み。
ブッシュ装着
ロトマチック・タイプからクルーソン・タイプに変更するときの必需品!!コンバージョン・ブッシュ!ペグがまだ未定なので、しばらくはこのままです…
▽コメントリスト

備忘録

最近、身体の調子がイマイチで、いつ何があるか分からないので備忘録的に書いておきます。

祖父の息子が、実家に戻ってくるときに「俺は自分のしたいことをする、了解するならば実家に帰る」という旨の手紙を出したそう。祖父は返事を出さなかった。後日私に「馬鹿みたいな手紙がきた」と語っていた。返事を聞かないうちに息子さんは帰ってきた。ここは憶えておいてほしい。息子さんは勝手に帰ってきたのだ。

エサは「家事をやってくれるかもしれないという祖父の淡い期待」

当時93歳の祖父は(危ないかもしれないけど…)自動車の運転もして買い物やゲートボールをやりに外に出て老後を楽しんでいたわけなのだが、この息子さんが帰ってきてから、自動車の運転や外出を禁止し、自家用車を売り払い、買い物までさせないようにした。

外に出さなければ面倒は起こらないだろうという浅はかな考えだ。

自分のやりたいことを制限されて、早晩祖父は体調を崩した。

この息子さんいわく…「体調を崩したのは俺(息子さん)がなんでもやるからだ」
だから…
「欲しいものがあればメモに書いておけ」
「何も手をつけるな」
「言うことを聞け」

この息子さんは自動車の免許を持たず、文才も無いくせに某新聞に”投稿”を繰り返し、自費出版を繰り返している。祖父に迷惑をかけないのであれば何をやろうが勝手だが、台所を書斎にし、祖父に好きに料理をさせず、テレビも自由に見せなかった。

私がたまに実家に帰ると「買い物に連れっでってけろ」「市日(いちび)に連れでってけろ」というのが口癖だった。しかし、私が買い物に連れていくのをこの息子さんは面白く思うわけが無く、次第に気を使い「これ買ってきてけろや」とメモを渡すのに変わっていった。

テレビも見せず(正確には音量を上げさせてもらえず)、買い物にも出て行けず、楽しみは週2回のデイサービスだけとなった。

ちなみに毎夏玄関に付けていた網戸を付けてもらえず、扇風機も処分され、風呂にも入れてもらえず、毎日(息子さん好みの)油っぽい食事…転勤さえなかったらと思う。

今は病院で愛想よく介護しているようだが、倒れた時の状況以前にも連絡先を教えないまま何日も家を開けたりしている勝手な息子さんなのです。買い物に一緒に行ったり、タクシーででも良いから外に連れていったりと少しでも祖父に対し誠意を見せてくれていたら…

激安ストラトをカッコ良く №2

某Facebookにあげていたものを再掲しているので、あっという間に進んでいる感じですが、数カ月かかっています。
ロゴ仮置き
出来る限り余白を少なく切り出します。この段階で貼り付け面も滑らかにしておかないと仕上がりがボコボコになります。
ロゴ貼付クリア無
貼り付け直後、クリアを吹く前です。ロゴの段差がまだ分かります。節目がちょうどロゴの辺りにきています。激安の所以でしょうか?
クリア塗布段差無
スプレーを一缶使うくらい(ちょっと大げさ)吹いては研磨し…を繰り返して、段差の無い滑らかな仕上がりとなります。

激安ストラトを格好良く!!

しばらくFacebookのほうをやってみましたが、やはり”リア充”の人たちがやるもので、私には縁の無いものでした。まあアカウントは残しておきますが軸足はTwitterやブログに戻していくと思います。

さて例のストラトはどうなったでしょう…
3pickups.jpg
これは某氏より頂いたピックアップです。Jacksonのギターに付いていたとか。当初装着されていたピックアップは、市販のカバーが付けれなかったのです。ちなみに真ん中はIbanezのS1と呼ばれるもの。
とりあえず仮組
とりあえず仮組み!!ノヴの色と合ってイイ感じです。雰囲気が出てきました(^O^)/
ヘッド塗装ロゴ無
さてヘッドも頑張りましょう!

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。